ミニバン・軽・コンパクトカー通信

ネット上で興味のあるクルマ情報を収集する際に、いろんなサイトに情報が散乱していて大変だなあって感じたことありませんか?
このブログはミニバン、軽自動車、コンパクトカーやSUVなど車に関する情報の入り口として、最新ニュース、インプレッション、感想など面白いニュースや役に立つ情報、興味のある情報を私の所感なども付け加えて書いています。
お気に入りに追加してご覧頂けると便利だと思います^^少しでもお役に立てれば幸いです。
Google Web全体 このサイト内
  
RSS表示パーツ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
新型三菱・デリカD:5の買取、下取り価格!
三菱・デリカD:5
新型の三菱・デリカD:5ですが、かなり好調な売り上げを記録しているようですが、リセールバリュー(買取・下取り価格)もかなり期待出来そうなので、安心して買うことが出来ますね☆


ミニバンのリセールバリューは通常国産車であれば35〜45%ぐらいだそうですが、このデリカD5は58%〜65%とかなり高くなっています。

ちなみに、日産・エルグランドが46〜51%、最高水準のトヨタ・エスティマの57〜64%と同じくらいの値になっています。


いか、記事詳細へのリンクです。
三菱 新型デリカD:5 〜話題のクルマを賢く買う方法〜
三菱 新型デリカD:5
三菱のデリカが約13年ぶりにフルモデルチェンジされた。
5代目モデルとあって、名称も新たに<デリカD:5>としている。
歴代モデルから受け継いだ特徴は、ミニバンでありながらSUVと同等の走破力を持たせたこと。
D:5ではエンジン、プラットフォーム、4WDシステムなどをSUVの<アウトランダー>と共通化し、
先代型の<スペースギア>と同じく、ミニバンでは最高水準のオフロード性能を確保する。
その一方で、「居住性」や「取り回し性」も大幅に向上されている。
コイツは恐らく、息の長い人気車になるだろう。
◆本文:渡辺陽一郎
◆データ協力:ガリバー自動車流通研究所
◆総合ディレクション:佐藤 誠(from ガリバー自動車流通研究所)
知の巻:デリカD:5が人気の理由先代に比べて居住性や使い勝手、走行安定性は飛躍的に向上
ライバルのステップワゴンやセレナと比べても室内に余裕アリ
リセールバリュー:58%〜65%
 「リセールバリュー」、つまり数年後の下取査定は、その時点で予測した将来的な価値で決まる。つまり中古車として高値で売れる人気車なら、リセールバリューも向上するわけだ。その意味で、新型デリカD:5は大いに期待が持てる。おそらく今後も、長い期間に渡って高い人気を維持すると考えられるからだ。
 人気の秘訣は、SUVの機能を盛り込みながら居住性や使い勝手を向上させたクルマ造りにある。最近は機能性に優れたミニバンが売れ筋だが、多人数乗車の可能なルーフの高いクルマとあって、内外装の雰囲気が所帯じみたものになるのは否めない。それを払拭するのが、新型デリカD:5の特徴とされるSUV感覚のボディースタイルや走破性能だ。野生的な感覚で引っ張れるから、クルマに趣味性を求めるユーザーも満足できる。
 その一方で、スペースギアと違って走破性能のために居住性や使い勝手を犠牲にしておらず、価格も割安だから購入の妨げになる要素はない。幅広いユーザーに支持されて、息の長い人気車になると思う。
 これらを踏まえると、3年後の査定額は新車時の58〜65%と予測される。人気の高いミニバンの中でも、最高ランクのリセールバリューだ。
 先代型の<スペースギア>は、4WDシステムや足回りを2代目の<パジェロ>と共通化。悪路の走破力は高かったが、デメリットも多かった。床が大幅に持ち上がって重心も高く、乗降性、居住性、走行安定性などに好ましくない影響を与えていた。
 しかし現行型のD:5では、これらのデメリットを一掃させている。プラットフォームは<アウトランダー>と共通で、次期型<ランサー>にも使われる乗用車タイプだから床の高さに無理はない。フラットフロアの構造を取るミニバンとしては、常識的な範囲に収まる。
 その一方で最低地上高はアウトランダーと同じく210mmを確保し、全車が4WDモデルになるから悪路の走破性能は十分。スペースギアでは同じボディーで商用車も用意したから後輪駆動が主体の設計になり、床も高まったが、現行型は前輪駆動で乗用車の仕上がりになる。厳密にいえばオフロード性能は少し落ちるが、居住性や使い勝手、舗装路での走行安定性などが飛躍的に向上したから、ユーザーが受けるメリットも大きいだろう。
 居住性については、フロント&2列目シートはゆったりしており、3列目も<セレナ>や<ステップワゴン>といった5ナンバーサイズのハイルーフミニバンに比べて余裕を感じる。
 価格は買い得グレードの「G」が277.2万円。2400ccエンジンを積んだ<ステップワゴン>の「24Z 4WD仕様」よりも7万円ほど安く、買い得感も申し分のないレベルになっている。


○自動車人気blogランキングもよろしくお願いします(#^-^#)自動車ブログランキング






| 11:39 | ★ミニバン最新ニュース・情報 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
<< 2006年度車上荒らし、カーナビ被害が過去最高に! | ★サイトのHOME(一覧)に戻る★ | 正しいミニバン選び? >>
コメント
コメントする(*^-^)b






この記事のトラックバックURL
http://carfan.jugem.jp/trackback/307
トラックバック
エルグランドga
エルグランドga エルグランドがきになるので、 調べてみた、中古やがぞうなど。。
| エルグランドga | 2007/03/24 23:13 |
自動車解体って
自動車解体業者ってあるんですね。長年使ってきた愛車を処分することにした。ディーラーだと値段がつかず引取り費用を取られてしまうが、自分で自動車解体業者に頼めば、自動車リサイクル法のことがあったりするので、逆にお金をいくらかでも貰える可能性があるんだそう
| 自動車解体! | 2007/04/18 18:58 |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/03/26 19:38 |


JAFの24時間ロードサービス

★自動車人気blogランキング一覧へ→自動車ブログNo.1は?
最新記事new!!


目次・カテゴリー
PROFILE
Link


365カウンター地域情報ネットリサイクルショップ
無料ブログ作成サービス JUGEM
LINKS
☆月別記事
★お気に入りブログ


このサイトを登録 by BlogPeople
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>